矯正歯科

矯正歯科

西荻窪・杉並歯科 ホーム診療内容矯正歯科 ► マウスピース型矯正 (インビザライン)

マウスピース型矯正 (インビザライン)

マウスピース型矯正 (インビザライン)

西荻窪・杉並歯科では目立たない矯正治療のマウスピース型矯正(アラインテクノロジー社のインビザライン)を採用しています。iTero elements という非接触の光学式スキャナーにより、患者さんが嘔吐反射を感じることなく歯型をフルデジタルで採取します。

歯並びのシミュレーションをパソコン画面で表示することでご自分の矯正治療の流れや、ご自分の治療後を患者さんにイメージ頂ける点もマウスピース型矯正(アラインテクノロジー社のインビザライン)の特徴です。

マウスピース型矯正の特徴 (インビザライン)

透明で目立ちにくい

マウスピース型矯正の装置は透明なポリウレタン製で厚さは 0.5mm です。お口にいれる材質としてポリウレタンは厚生労働省からの安全性についての認可を得ています。
透明度の高い材質で、さらに歯の移動に伴って西荻窪・杉並区歯科では、基本1週間ごとに新しいマウスピースに交換します。これにより透明度も損なわれず装着時に目立たないことから患者さんの支持が拡がっている矯正治療です。

お口を健康に保てる

ワイヤー矯正と異なりマウスピース型矯正は取り外しが容易な構造です。ワイヤー矯正は歯に金属の装置(ブラケット)とワイヤーを装着するので、歯みがきは練習をしてより丁寧に行って頂く必要がありますが、マウスピース型はご自分で取り外しできるので、今まで通りの歯みがきでお口を清潔に保つことができます。

矯正装置の脱落リスクが低い

すべての矯正装置は脱離の可能性がありますが、ワイヤー矯正に比べてマウスピース型矯正は装置の脱落リスクが低く抑えられています。

マウスピース型矯正(インビザライン)のメリット

マウスピース型矯正(インビザライン)は万能ではありません。患者さんの歯並びの状態によっては適さない事もあります。マウスピース型矯正でどんな歯並びも治療できるという表現も見ますが、西荻窪・杉並歯科ではそうしたご説明は致しません。

01

治療期間の明確化と責任

矯正治療・歯並びの治療では治療期間が伸びてしまったり、はっきりとした治療計画が示されないことがあります。西荻窪・杉並歯科では矯正治療の期間を最大約2年間と定め、具体的な治療計画とシミュレーションで分かりやすく丁寧にお伝えします。外科的な手術を伴う難治療については大学付属の口腔外科など、より専門性の高い医療機関に責任をもって紹介し、安易に治療をお引き受けすることは致しません。

02

非接触の歯型採取とデジタル化

これまでシリコンと石膏で作っていた「歯型」を、デジタルの3次元データで取得することができる iTero Element を導入しています。非接触でスキャンを約10分~15分することで精密な「デジタルの歯型」が完成します。これにより治療前・治療後を連続的にデジタルでシミュレーションすることが可能になります。またスキャナーのお口の中に入る部分は患者さん毎に交換しているので衛生的です。

03

患者さんの不安と負担の軽減

マウスピース型矯正(インビザライン)はプラスチック製のため、従来型ワイヤー矯正と異なり金属アレルギーの心配がありません。お口に金属を入れることに不安のある方にも安心して矯正治療を受けて頂けます。また定期検診もワイヤー矯正と異なり1.5〜3ケ月毎の来院で治療可能です。このため学校やお仕事で忙しい方の通院負担が少ない点も特徴です。

04

矯正中の痛みに対する特徴

西荻窪・杉並歯科では、1週間毎にマウスピースを患者ご自身で交換して頂きますが、歯の移動は約 0.25mm とゆっくり時間をかけて移動させていきます。このため歯の移動に伴う矯正の痛みがワイヤー矯正と比べて少ない点がマウスピース型(インビザライン)の特徴です。

マウスピース型矯正(インビザライン)のデメリット

西荻窪・杉並歯科ではマウスピース型矯正(インビザライン)を手段と考えているため、その欠点やデメリットも患者さんとのコンサルティングで丁寧にわかりやすく、そして正直にお伝えしています。

01

治療できない歯並び

先天的な骨格のズレや歯を大きく動かす必要がある場合は、マウスピース型矯正(インビザライン)の治療範囲でないため治療ができません。

02

1日20時間の装着時間

マウスピース型矯正(インビザライン)は1日約20時間以上の装着を前提に治療計画が作られます。そのため装着時間をお守頂けないと計画通りに歯が動かない、また治療期間が伸びることがあります。正しい理解と厳しい自己管理が求められる矯正治療法です。

03

飲食の制限と注意

透明なマウスピースのため、コーヒーや紅茶など着色しやすい飲みものは適しません。また食事(間食)の際は必ずマウスピースを取り外す必要があります。食事や甘い飲みもの(ジュースなど)を口にした後は、虫歯を防止するため必ず歯みがきが必要になります。

04

その他注意点

プラスチック製のマウスピースはねじれにも強く丈夫ですが、食いしばりや歯ぎしりの強い方の場合は欠けや割れなど破損の可能性があります。またマウスピース型矯正(インビザライン)は治療計画の中途変更に適しません。例えばむし歯になって治療期間をしたり、歯を怪我をした場合はなど治療計画を最初からやり直さなければならない可能性があります。

これらマウスピース型矯正(インビザライン)のメリットとデメリットを、患者さんお一人おひとりの症状にあわせてカウンセリングし、検査にもとづいて適切な矯正治療をご提案します。

マウスピース矯正 治療費

マウスピース矯正

矯正相談(30分) 無料
矯正事前検査 22,000円/1回
インビザライン 基本治療費 ※装置代・調整料を含む 1,020,000円/1式
インビザライン 難易度加算1 ※加速装置の貸与を含む 1,120,000円/1式
インビザライン 難易度加算2 ※カリエール1つ + 加速装置の貸与を含む 1,220,000円/1式
インビザライン 難易度加算3 ※カリエール2つ + 加速装置の貸与を含む 1,320,000円/1式
リテーナー 55,000円/1個
加速装置アタッチメント部分 2,200円/1個
加速装置の本体未返却・紛失 22,000円/1回