矯正歯科

矯正歯科

西荻窪・杉並歯科 ホーム診療内容矯正歯科 ► 表側矯正 (ワイヤー矯正)

表側矯正 (ワイヤー矯正)

表側矯正 (ワイヤー矯正)

西荻窪・杉並歯科では矯正治療の基本となる表側矯正(ワイヤー矯正)も大切に考えています。表側矯正では金属製の金具(ブラケット)が目立つことを気にされる方も多いと思いますが、西荻窪・杉並歯科では白いセラミックのブラケットを採用しています。また表側矯正は歴史のある矯正法で、マウスピース型矯正では対応出来ない歯並び(難症例)にも幅広く対応できることも特徴です。

表側矯正の特徴 (ワイヤー矯正)

01

ほとんどの歯並びを治療できる

02

矯正装置をつけても話しやすい

03

治療費が廉価

西荻窪・杉並歯科の表側矯正(ワイヤー矯正)治療の配慮

表側矯正は最も歴史がある治療なので、さまざまな考え方や装置があります。また歯の移動が早く、脱離などのトラブル時もスムーズに調整が可能な点も大きなメリットです。西荻窪・杉並歯科ではワイヤー矯正、マウスピース型矯正のそれぞれのメリット、デメリットをご説明した上で最善の矯正治療をご提案致します。

治療期間の明確化と責任

矯正治療・歯並びの治療では治療期間が伸びてしまったり、はっきりとした治療計画が示されないことがあります。西荻窪・杉並歯科では矯正治療の期間を最大約2年間を目安として、具体的な治療計画とシミュレーションで分かりやすく丁寧にお伝えします。外科的な手術を伴う難治療については大学付属の口腔外科など、より専門性の高い医療機関に責任をもって紹介し、安易に矯正治療をお引き受けすることは致しません。

患者さんの不安と負担の軽減

表側矯正(ワイヤー矯正)では金属アレルギーが心配になることがありますが、西荻窪・杉並歯科では事前の問診と共に、セラミックのブラケットを使用することでお口金属を入れることに不安のある方にも安心して矯正治療をお受け頂けます。また矯正指導医の資格を持つ矯正医の監督のもとで毎月のチェックアップを行います。

矯正中の痛みに対する特徴

表側矯正(ワイヤー矯正)は一般的に矯正時の歯の移動において痛みが出やすいとされますが、ワイヤーの摩擦を低減する可動式のブラケット採用、セラミック素材の特性を活かした治療の工夫で移動の痛みを低減します。また装置がお口の粘膜にあたる痛みはワックスを使うことで対処します。どうしても痛い時は、痛み止めの薬を処方しています。

表側矯正(ワイヤー矯正)のデメリット

西荻窪・杉並歯科では矯正(ワイヤー矯正)を治療の手段と考えているため、その欠点やデメリットも患者さんとのコンサルティングで丁寧にわかりやすく、そして正直にお伝えしています。

01

装置が目立つ

表側矯正はその名の通り歯の表側にブラケット(矯正装置)とワイヤーを装着して矯正治療を行います。そのため会話や食事をする際に装置が見えてしまいます。

02

口を閉じるのに違和感を感じる場合がある

歯の表側に装着がつくため、唇を閉じにくく感じることや、口元が出っ張ったように感じる患者さんもいらっしゃいます。

03

その他注意点

稀にブラケット(矯正装着)が外れてしまうことがあります。その場合はそのままにせず速やかにご連絡ください。また食事ではラーメンやパスタなどの細長い麺類、煎餅・バゲットなどの固い食べものは装置が外れる原因になるので注意が必要です。

これら表側矯正(ワイヤー矯正)のメリットとデメリットを、患者さんお一人おひとりの歯並びにあわせてカウンセリングし、検査にもとづいて適切な矯正治療をご提案します。