診療内容

診療内容

西荻窪・杉並歯科 ホーム診療内容 ► インプラント

インプラント

インプラント

CT診断とデジタルシミュレーションで安全性と痛みに配慮したインプラントを。

インプラントは歯周病や虫歯、外傷などが原因で失ってしまった歯を補う治療です。チタン製のインプラント体を顎の骨に埋め込み、上部構造物という人工歯をつくります。

西荻窪・杉並歯科では痛み、怖さに配慮した治療を実践しています。まずは、精密なCT検査と診断に基づく治療計画を分かりやすくご説明して、心の不安を共有すること。そして、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。

インプラントと麻酔

インプラント治療では、局所麻酔を使いますので痛みはほとんどありません。しかし特に痛みに敏感な方、デリケートな方などインプラントの手術は怖いという感じる場合は、よりリラックスして手術を受けることができる「静脈内鎮静法」という麻酔法で施術いたします。

最小限の低侵襲治療

これまでの治療では歯の無いところは、入れ歯やブリッジによる治療が行われていました。しかし、これらの治療では歯を多く削る必要があったり、歯肉など歯周組織に大きな力がかかり負担になっていきます。他の部位に負担をかけることで将来、問題になる歯や場所が増えてしまいます。西荻窪・杉並歯科では、そうしたリスクを低減するためにも、歯のない部分だけ最小限の影響(低侵襲といいます)で治療ができるインプラント治療をご提案いたします。

信頼性の高いドイツ製インプラント

西荻窪・杉並歯科では、ドイツのカムログ(camlog)社のインプラントを採用しています。院長がこれまでの治療・臨床から、日本人のお口や骨格に親和性の高いカムログ社の製品を中心にインプラント治療にあたっています。また、西荻窪・杉並歯科は、カムログ社のインプラント専門のトレーニングを受けた医師・スタッフが治療にあたり、多くのインプラント実績を持っています。

※カムログインプラントシステムは、長期にわたる基礎と臨床研究に基づいて、ドイツで開発されたインプラントシステムです。ヨーロッパ、アメリカ、アジア各国など世界中で多くの患者さんの口腔機能の再建に使用されています。

インプラントの抜歯即時埋入

事故や歯周病でどうしても抜歯をしなければならない歯のインプラント治療について、前歯を例にご説明します。特に目立つ前歯はできるだけ早く綺麗な歯で治したいという患者さんの希望があります。

そこで CT検査を行い、デジタルデータを元にインプラントを精確に埋入する、3Dプリンタによる「サージカルガイド」を作成して、人為的ミスの少ないインプラント治療を提供しています。

インプラント

CT検査によって得られる豊富なデータにより確実な治療計画をご提案するインプラント治療

西荻窪・杉並歯科のインプラント治療では、まずお悩みをしっかり伺うこと、そしてCTによる検査を大切にしています。私たちはインプラント治療においてCT検査は必須だと考えています。レントゲン検査と目視だけでは、決して見えない部分があります。CT検査によって得られる豊富なデータにより、確実な治療計画をご提案することが可能になります。 インプラント治療でも、あなたのお口の中を預かるパートナーとして担当の衛生士を決めさせていただいております。インプラント治療は手術後、6週~6ヶ月ほどで骨につきます。それまでの時間、患者さん、歯科医師、歯科衛生士、スタッフそれぞれの正しい相互理解と協力がなければ、治療は成功しません。 最善のインプラント治療はこの信頼関係によって得られます。

インプラント治療の流れ

(1)問診、診査

率直にお悩みをお伺いします。歯や粘膜、顎の骨の情報を画像、各検査によりデータ化します。西荻窪・杉並歯科は院内にデジタルレントゲン・歯科用CTを完備していますので、インプラント治療で CT 撮影だけ他医院に行って頂くようなことはありません。これら撮影したデジタルデータでお口の状況を正確に診察診断できます。

(2)診断

問診、診査により得た情報を元に、インプラント治療が可能か否かを診断します。インプラント治療が可能な場合は。どのようなタイプのインプラントが適切か、長さはどのくらいの物を使うかなど治療計画を作成します。 西荻窪・杉並歯科では、インフォームドコンセントに力を入れています。より分かりやすい丁寧なご説明、ご質問への回答、不安の解消に努めています。同時に治療期間や費用についても合わせてご説明いたします。患者さんのご了解と同意をもとに、素別の治療をスタートします。

(3)手術の準備

手術は治療で行います。インプラント治療で使用する道具は、全て減菌された清潔な状態に保たれています。オートクレーブ(全自動高圧蒸気滅菌器)という機械で高温にて滅菌され滅菌パックにパッキングされます。 手術が怖い方や、リラックスして手術をうけたい方には、静脈内鎮静法を麻酔医の協力のもと行う事も可能です。全身をモニター管理した状態で手術を行いますから安心して手術をお受け頂くことが出来ます。症状によりますが、手術時間は15分~3時間ほどです。

(4)インプラント手術

インプラント手術は経験豊富な専門医があたります。特に難度の高い歯周病を併発した場合は、歯周病専門医と連携して基礎治療をきちんとおこなった上で治療を進めます。また上あご(上顎)には上顎洞という空間があります、また下あご(下顎)には、下歯槽神経という大切な神経が骨の中をとおっています。ともに傷つけてしまうと他の病気を併発する危険性があります。 ですから先の CT をもとにインプラントを立てる「深さ」を正しく診断し、治療計画を立てることが大切になるのです。特に上あご(上顎)の骨量が十分出ない場合は、サイナスリフト、ソケットリフトと呼ばれる骨増成手術も併用します。

(5)術後の骨への定着

インプラントは外科手術ですから、術後に痛みや腫れが出る事があります。西荻窪・杉並歯科では術後のペインコントロールにも力を入れています。痛み止めの処方や、緊急時の電話サポートなど、患者さんの立場にたったケアを行っておりますので、どうぞご安心ください。インプラントは手術後、6週~6ヶ月ほどで骨につきます。これを待って検査のうえ、埋め込んだインプラントに被せ物の歯を装着いたします。

(6)インプラント治療の術後ケアの大切さ

インプラントも長年ご使用になられると、自分の歯のように感じる事があります。しかし、メンテナンスをせずそのままご使用になるのは、インプラントの周りが炎症を起こすインプラント周囲炎になる危険性が高まります。天然の歯と同様にインプラントもメンテナンスが必要です。 特に定期的なクリーニング、咬み合わせを含めた検査とメンテナンス、正しい歯周病予防はインプラントの満足を持続させる大切なポイントです。