スタッフ

スタッフ紹介

西荻窪・杉並歯科 ホーム ► スタッフ紹介 ► 院長紹介

西荻窪・杉並歯科 院長紹介

私たち歯科従事者は歯の大切さ、お口にきちんと手間隙をかける事の大切さを伝える使命があります。いくら技術が進んでも、ご自身の健康な歯に勝るものはありません。歯の健康を失って初めてその価値が分かるのは「もったいない」と思いませんか?
  • 西荻窪・杉並歯科では、歯科医師も歯科衛生士も患者さんの言葉をしっかりと聞き、わかりやすくお伝えするコミニケーションを大切にしています。保険で通う「街の歯医者なんてこんなもの」という経験は多くの方がされていると思います。向き合ってもらえない問診、難しくてわからない説明、流れ作業のように進む治療、いつまで続くかわからない通院... なかには、ご自分の歯のレントゲンを見たことがない方、治療と称して勝手に歯を削られたり抜歯された経験を持つ患者さんまでいらっしゃいます。

    西荻窪・杉並歯科では、患者さんに不安を感じさせるそのような歯科治療は決しておこないません。

診査診断の大切さ。

歯科に限らず痛みや不調を抱え病院に向かう時は誰でも不安です。だからこそ私たちは診査診断を丁寧に、そしてわかりやすくお伝えすることを大切にしています。それは自分の歯とお口の健康のことを正しく「知って欲しい」からです。そして患者さんはご自分のお口の健康を「知る権利」があります。
  • 西荻窪・杉並歯科では原則的に初診の患者さんに (緊急の処置の伴わない限り)、最初に基礎的な検査をお受け頂きます。デジタルレントゲンによる歯と骨のデジタルデータ・歯周基本検査・口腔内の検査・問診を通して、歯とお口の健康状態を記録するためです。なにごとも始めが肝心といいますが歯科治療もおなじです。スタート地点がわからなければ治療計画は道に迷ってしまいますし、ゴールすら見通すことができません。

    診断と治療のご提案はお時間を頂戴し患者さんにお話しします。できるだけ分かりやすい説明に努めていますが、ご不明点は何度でもご質問ください。また治療においては患者さんのご理解と同意を頂いてスタートします。知らないうちに治療を始めるということはありません。また最初に来院頂いた際の検査結果は「歯科疾患管理シート」としてお渡しします。

    ご自身の歯が何本あるのか、知っていますか?患者さんの「知る権利」を西荻窪・杉並歯科は大切に考えています。

生涯の食事を美味しく、楽しく。

どんな治療もお口の健康を回復・維持して、楽しく快適に食事を一生涯楽しんで頂くためのものです。治療のなかには生活習慣の改善や口腔ケア方法の変更など、患者さん自身に頑張って頂かないといけない事もあります。診療室で行う私たちの治療だけでは健康な歯を守れないことがあるからです。こうして二人三脚でお口の中をより良い状態に保つ事で、より彩りある生活になることを知って頂きたいと心から願っています。

また私は東京医科歯科大学大学院で歯周病を専門として学んできたこともあり、歯と歯ぐきの健康維持・改善にこだわった歯周病(歯槽膿漏)にならないための歯科治療にこだわって日々の診療をおこなっています。

  • 一般的になってきた歯列矯正も、見た目の歯並びを良くすることに主眼がおかれがちです。実際はお一人おひとりの骨格と歯に沿った理想的な歯並びにすることで、噛み合わせを改善し、お口の機能性や清掃性を高めることで虫歯や歯周病に悩まされるリスクを低減して、いつまでもご自分の歯(天然歯)で食事を楽しんで頂くことが目的です。

    しっかりと食べもの噛み、飲み込めなくなると急激に体調を崩してしまうことは、経験としてご存じの方も多いとおもいます。左右均等に噛む力が加わらなくなると、脳が不活化し、活き活きと質の高い生活が送れなくなることにつながってしまいます。歯とお口が健康であり続けることは、全身が健やかで健康であることに直結することを知って頂きたいと思います。

自分が受けたい歯科治療を患者さんに。

西荻窪・杉並歯科では、田中が自分自身で受けたい治療や診療サービスの提供を心がけています。信じられないかも知れませんが、働いている歯科医院で自分の歯を治療しない人って意外と多いんです。自分や家族が受けたくない治療を患者さんに提供することは私には考えられません。

基本治療はもちろんですが、新しい治療法や機材の導入も自分がまず経験することを大切にしています。最近では自分でも気になっていた歯並びの治療として、マウスピース矯正をおこないました。スタッフの練習台になったのはもちろんですが、自身の治療経験を通して、矯正中に気をつけることや工夫したこと、矯正治療中だからこその悩みなど、多くを体験し、知ることができ、患者さんの矯正治療中のお悩みに理解が深まったと思います

当院では私以外にもマウスピース矯正を始めたスタッフが複数います。矯正治療だけでなく、自分たちが受けたい、良いと思う治療を今後も患者さんにおすすめしていきます。

立場が変われば自分自身も患者であること。当たり前のことを当たり前に、つねに患者さんの立場で西荻窪・杉並歯科は「患者さんに感動を与えられる歯科治療」を続けて参ります。